• ホーム
  • 禁煙ができなかったら電子タバコを始めてみましょう

禁煙ができなかったら電子タバコを始めてみましょう

年々肩身が狭くなっていく喫煙者の中に禁煙を検討している方もいます。
たばこ税の増税により価格も高くなりつつあることや周囲の目が厳しいこと、喫煙場所が少なくなった、健康上の問題などが理由になっています。

しかし禁煙すると決めても簡単ではありません。
毎日何本も吸っていると癖になりますし、依存性のあるニコチンを突然減らすと吸いたくてたまらなくなるため、禁煙を決意しても三日坊主で終わってしまうことも珍しくありません。

そんな禁煙を目指す方の中には、電子タバコを始める方も増えています。
電子タバコは、風味のあるリキッドを電子的に加熱した蒸気を吸引するため、タバコの葉を燃やした際に発生するタールが含まれていません。
さらに電子タバコを使って禁煙に成功したという方もいます。

電子タバコをつかった禁煙成功例の中には、1日30本も吸引するヘビースモーカーもいます。
禁煙した際には口が寂しくなったら電子タバコを吸引します。
先ほど説明したように電子タバコは加熱したリキッドの水蒸気を吸引するだけです。
リキッドにはオレンジやレモンなどの柑橘類の風味やチョコレートやメンソールなどの風味を楽しめるためヘビースモーカーでも十分に満足できます。

実際のところ、電子タバコを使って禁煙できるのでしょうか。
禁煙の成功率は個人差があるため「必ずできる」とは断言できませんが、チャレンジする人も増えています。
例えば一般的な紙巻たばこと電子タバコを併用して徐々に紙巻きタバコの利用を減らしてニコチン摂取量を減らしたり、好きなお菓子や気分がスッキリするリキッドを使ってリラックス効果を楽しんだりするなど、禁煙中に生じるストレスを緩和しやすくなります。

禁煙の心配の理由はストレスやイライラ感ですが、これらを緩和する効果を電子タバコから得られれば、禁煙の手助けとなることでしょう。
もちろん電子タバコを使ったからといって禁煙できるとは限りませんが、過去に何度も禁煙に失敗しているなら、電子タバコを初めてみてはどうでしょうか。
水蒸気にはタールが含まれていないことやフレーバーも多数あるため、好きな風味で禁煙を目指せます。

電子タバコは紙巻きタバコと比べると節約になる

禁煙のために電子タバコを利用する際に気になるのが、価格やコストではないでしょうか。
電子タバコは初期費用がかかりますが、継続利用に伴うコストは紙巻きたばこよりも安くなっています。

具紙巻きタバコの場合は、1箱(20本入り)あたりおおよそ400円~500円ほどとなっており、1本(1回)あたりのコストは、20円~25円ほどかかります。
1日2箱(合計40本)の紙巻きタバコを利用すると、1日あたり800円~1000円、月額にすると2万4800円~3万1000円ほどかかります。

対する電子タバコは、初心者向けのスターターキットを利用する場合は、2000円~8000円ほどします。
また2週間~3ヶ月に1度交換する(使用頻度による)コイルが1200円~2000円(5本入り)、フレーバーで欠かせないリキッド1本あたり400円~500円(約5ml)、これ以外にバッテリー充電にかかる電気代(約2時間~3時間ほど)もかかるため、初月の費用は6000円~1万4000円ほどかかることになります。
また2ヶ月目以降は、リキッドや交換用コイル、充電代金などを含めて3000円未満が相場です。

煙草の吸引回数も気になる要素になります。
紙巻たばこ1本を吸いきるのに約3回~10回前後ほどですが、電子タバコの場合は0.1mlのリキッド量で約3~10回前後吸えます。
コストにすると紙巻きタバコの1本あたり25円前後、電子タバコの場合は3回~10回前後吸うのに8円~10円前後なので半額以下になり、コイル代金や充電代金などを含めてもかなりの節約になります。

電子たばこを初めて利用するさいには、スターターキットやリキッド、交換用コイルなどを購入しないといけませんが、2ヶ月目以降は紙巻き煙草の半額前後に節約できるため、財布にも優しくなっています。

関連記事
ニコレットガムで禁煙することができる? 2020年04月28日

ニコレットガムをうまく利用すれば禁煙できる可能性があって、ただタバコを吸うのをやめるのに比べて成功率が高くなっているのはニコチン置換療法と同じ仕組みで取り組むことができるからです。長年タバコを吸い続けている人の多くは、気づかないうちに依存症になっている場合があり、体からニコチン成分が不足してしまうと...

チャンピックスは通販サイトから個人輸入できる 2020年01月29日

チャンピックスは気軽にインターネットで通販出来ますが、一般的な国内の楽天やamazonで購入するのではなくて個人輸入代行サイトで買い物が出来ます。チャンピックスは国内では処方箋が必要な医薬品なため薬局や通販サイトでは買えません。海外の医薬品を取り扱う個人輸入代行サービスなら、開発元から正規品を取り寄...

チャンピックとお酒の相性に問題はない? 2020年03月03日

従来、禁煙治療薬としてガムやパッチが用いられてきました。これらは少量のニコチンを口や皮膚から吸収することで、喫煙からのニコチン摂取を減らしていく方法です。しかしニコチンを摂取していることに違いはなく、これらによる禁煙成功率は1割程度と極めて低いものでした。ですが2008年、ファイザー社から画期的な禁...

禁煙には目覚めが良くなったり肌の調子が良くなる 2020年02月07日

禁煙を志すときにだいたいの人が「健康のため」にと考えて行いますが、分かる範囲で身体に被害が出ていないと真剣に打ち込むのが難しくなります。そのためストレスが溜まって解消したい、口寂しくなったと煙草に手が伸びやすいです。人間は分かりやすい反応や効果を求めますので、健康を目的とした時でも、その他に目を向け...

チャンピクスを使用していても失敗する理由は? 2020年02月03日

タバコをやめたい人に対して国では積極的に禁煙外来を推進しています。そのような人にはチャンピックスという薬剤が保険適応で処方されます。チャンピックスを服用するとタバコを吸いたくなくなる成分が体の中に吸収されるので、結果としてタバコを吸わなくて済むようになります。通常の方法だと最初の一週間はタバコを吸う...